銀行のカードローンを利用しました

カードローンの利用する前に色々自分なりに調べてみるとカードローンには大きく分けて二種類のカードローンがあることに気づきました。消費者金融のカードローンと銀行のカードローンです。

そしてカードローンで借り入れをする際に借入限度額というものがあり、年収の1/3までしか借り入れが出来ないという法律があるそうです。総量規制法というものでカードローンを利用するときには必ず知っておかなければならない事象でした。

自分の年収を考えて1/3までの借り入れが出来ると思う方が自然かもしれません。この総量規制法ですが、先述したカードローンでの適用があるものとないものがあるのです。消費者金融のカードローンは総量規制法対象となるのです。つまりどれだけ頑張っても限度額以上の借り入れは出来ないということです。逆に銀行のカードローンはこの総量規制法の対象外となっているのです。それなら限度額を考えなくてよい銀行のカードローンの方がお得だと思って銀行のカードローンを選びました。

銀行のカードローンの良さは銀行のATMで利用できるので一般の消費者金融の店舗に人目を忍んで入るという煩わしさもないですし普通のキャッシュカードと同じように利用できるのも良い点です。

お金を借りる前の参考になりました!:http://www.bbvapanama.com/

個人型確定拠出年金の存在意義

年金といえば、強制年金とか義務年金と言われる国民年金が最も有名です。

この資産を運用しているのは、年金積立金管理運用独立行政法人という国の外郭団体であり、
日本年金機構が年金を徴収していますが、この両機関は、厚生労働大臣から委任・委託を受けています。

現在、満額で国民年金を受け取っても約6万6000円であり、持ち家でかなり質素な生活をすれば暮らせないことはありませんが、これだけで老後の生活をおくることは無理だと考えられています。

それを補うのは、老後のための貯蓄や厚生年金や国民年金基金です。

しかしながら、国民年金の加入率でも約7割の水準であり、非正規社員が約四割と言われる時代ですから、厚生年金の加入もあまり期待できなくなっています。

また、将来的には、国民年金の支給開始が65歳からと決まっており、定年延長や再雇用の流れが多くなっていますが、それでも60歳で定年を迎える会社も数多く残っているでしょう。

特に、肉体仕事である建設業や運輸業では、そのような傾向が顕著かと思われます。
そのため、国の政策として拡充しようと考えているのが、個人型確定拠出年金です。401kと言われる確定拠出年金は、企業と個人が、将来の退職金のかわりに積立運用していく年金です。

企業によっては、退職金か401kかを選択することも可能です。
それの個人バージョンが、個人型確定拠出年金です。

この金融商品は、昔からありましたが、iDeCo(イデコ)と言われるようになったのは、最近のことです。

生活保護者が毎年増えており、その要因として老後の貯蓄がなかったり、受け取る年金がほとんどない事が原因だとされています。

財政を圧迫しており、また、支える勤労世代が減っていることから、本来の正しい姿、自分の老後は自分で備えるという形に国の政策として誘導しているといえるでしょう。

税制上、優遇されているのは明らかであり、積立時は、全額所得控除であり、運用益も非課税です。株や預金だと、20%税金を引かれますけどね。

また、受取時も一括なら退職所得控除、年金の場合、公的年金控除が受けられます。

個人型確定拠出年金については下記サイトが参考になります。
http://www.kabu-hajimeru2017.com/

中古原付の売却、良対応でした

YAMAHAのJOGの出張買取をお願いしました。
中古で2万kmほど走っていたものを買っていたので、正直売る時には(+1万kmほど走っていました)値段をあまり気にしていなかったこともあり、出張買取で確実に買ってくれるバイク王さんお願いしました。

私がバイク屋をやっていた頃は良からぬ噂の多かったバイク王さんですが、最近はすっかり企業イメージが良くなってクリーンな感じでしたね。

来てくれたスタッフさんは、私が値段交渉などをするつもりはない旨を伝えると笑顔で査定に取りかかってくれました。

一通りチェックしたあと、走行距離や年式を元に相場を教えてくれました。
この相場というのが買取価格の最低ライン以下であることは元バイク屋の私には御見通し(笑)

ここで「実は元バイク屋なんですよ」と正体を明かすと、スタッフさんは驚きを隠せない様子でした。

その後、話していくうちにスタッフさんは地元出身の方で、ウチがやっていた店にも来たことがあるとのこと。査定そっちのけで地元トークで盛り上がってしまいました。

すっかり打ち解けた後に価格を掲示していただきましたが、値段交渉せずとも想像していた(ネットなどで相場を検索しました)ぐらいの価格だったので迷わず売却をしました。

元バイク屋だったことを打ち明けたせいか、気持ちよく売却できました。
もっと買取価格を上げることも可能でしたが、買取る側の事情も分かっているので妥当なところで許してあげました。

さすが北海道!野菜ゴロゴロの美味しいカレー

私が北海道に旅行に出かけた時に立ち寄った、素敵なお店について紹介したいと思います。

そのお店の名前はファームレストランあぜ道より道といいます。
富良野市の広大な土地にあるレストランで、農家の方の自慢の野菜を使った料理が評判のお店です。

旅行雑誌に美味しそうな写真が載っており行くことにしました。
私は野菜カレーを注文しました。目の前に出てきたときに、野菜の大きさにビックリしてしまいました。
どの野菜もほとんど切らずにそのままゴロゴロと入っていました。野菜は茄子、ピーマン、じゃがいもなど何種類かありました。
野菜はどれも甘みが強くて、非常に美味しかったです。

私はピーマンが苦手で普段は食べないのですが、美味しく食べることができました。
北海道は野菜が美味しいとは聞いていましたが、普段食べている野菜とは違う食べ物なんじゃないかと思ってしまうほど美味しかったです。

どれも大きい野菜だったので、ナイフとフォークを使って食べ、食べ応えもあり満腹になりました。
このお店は地元の女性達で切り盛りしているみたいで、温かみのあるお店でした。
北海道は遠くてなかなか行けないのですが、また旅行に行けた時には食べに行きたいと思います。

参考:ファームレストランあぜ道より道
野菜カレーの他、一日限定10食のポトフも人気です。

静岡~東京へ、すべて一般道でのツーリング

大学生の頃(かなり前の話です!)、夏休みの数日を利用して友人とツーリングへ出かけました。

朝テレビを見て占いを確認してから静岡の友人の家を出発し、すべて一般道を利用してゆっくりと、景色を楽しみながら運転しました。

持ち物は1,2日分宿泊できるお泊まりセットとレインコートをリュックサックに詰めてのプチ旅です。
ヘルメットがフルフェイスではなく半メットだったため、顔全面で排気ガスを受け止めてしまって顔が真っ黒に。

ガスを吸ってしまうのも気分がよくないため、途中沼津のドラッグストアでマスクを買い求めました。
それ以外にも途中で停車してはアイスクリームを食したり、山は景色が変わらず眠くなることもあったため、コーヒーを買ったり。
途中でところどころ「休憩」といいながら飲んだり食べたりしたのがとてもいい思い出です。

東京に着いたときには小雨が降っていて、少し肌寒い天気。
レインコートは着ていたものの、身体がだいぶ冷えていたのでコンビニでおでんを買い、そのコンビニのとなりにあったマンションの軒下でおでんを食べながら雨宿りをしていたところ、住人から怪しまれてしまったのか出て行ってくださいといわれてしまいました。
悪気はなくちょっと雨宿りのつもりだったので、大変ショックでした。

東京の道路は広く道に迷うこともありましたが、エンジンを止めればいつでも停まって進路を確認できるのがバイクのいいところ。
また、時間ができたらバイクでいろいろなところへ旅に出たいものです。